HOME > お湯

 
東道後温泉久米之癒のある久米地区一帯は昔から「東道後温泉郷」と呼ばれ、豊かに湧き出る良質なお湯は古くより地域の人たちに愛されてきました。泉質はアルカリ性単純温泉で独特のヌメりがあるのが特徴です。この東道後のお湯は、神経痛、肩こり、関節痛などによく効くほか、肌にやさしく美肌にも非常に効果が高いと言われています。
「源泉かけ流しの湯」では、源泉地から湧き出たばかりのお湯をそのままの成分でお楽しみいただけます。
洗い場のシャワーやカランから出るお湯にまでも東道後の温泉を使用。久米之癒のこだわりです。
浄土寺の敷地のすぐ横に位置する東道後第4源泉。ここから毎日良質のお湯が湧出しています。
   
   

分析機関/愛媛県立衛生環境研究所
東道後温泉 温泉成分表
源泉名
東道後第2・第4・第6源泉
源泉地
松山市南久米町239番地4
泉質
アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性高温泉)
泉温
42.6度(気温27.0度)
使用位置
42.6度(pH値/9.2)
適応症
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進
分析書
東道後第2源泉分析書 [カラン・シャワーに使用] (PDF:636K)
東道後第6・第8源泉分析書 [大浴場に使用] (PDF:251K)
 
 
■環境省・温泉法14条第1項の規程による掲示
加水
していません
加温
入浴に適した温度に保つため加温しています
循環利用
温泉資源の保護と衛生管理のため循環ろ過装置を使用しています
入浴剤
使用していません
消毒処理
愛媛県公衆浴場設置等の基準等に関する条例の衛生管理に関する基準を満たすため塩素系薬剤を使用しています
 
 
■レジオネラ属菌検査の試験結果
分析機関/愛媛県総合保健協会
専門機関による指導の下厳しい水質検査を行っています
試料名
浴槽水
受付方法
持込
採取場所
松山市南久米町325-1
東道後温泉久米之癒
採取日時
平成22年7月20日 10時40分
試験内容
濁度その他の試験
試験方法
1.濁度 (積分球式光電光度法)
2.過マンガン酸カリウム消費量 (滴定法)
3.大腸菌群 (下水の水質の検定方法に関する省令)
4.レジオネラ属菌 (ろ過濃縮法「寒天培地法」)
試験結果書
代表して男女主浴の試験結果を掲示します
試験結果書「男湯主浴」 (PDF:557K)
試験結果書「女湯主浴」 (PDF:548K)
 
東道後温泉 久米之癒 〒790-0924 愛媛県松山市南久米町325-1 Tel.089-970-1126(イイフロ)
Copyright(C)2007 kumenoyu. All rights reserved.