HOME > 当店紹介記事

   
新聞や雑誌等へ掲載された当店の紹介記事です。
■ サッカーJリーグ 愛媛FC オフィシャルフリーペーパー 「オレンジライフ」
2012/11月発行

〜 久米之癒さんの温泉の質は最高です! 〜
愛媛が誇るJリーグプロサッカーチーム「愛媛FC」オフィシャルフリーペーパー
「オレンジライフ」にて久米之癒をご紹介いただきました。
「筋肉のメンテナンスになくてはならない場所です」と選手から嬉しい声も。
試合や練習の後には多数の選手のみなさまにご入浴いただいており、
湯船の中では、お客様×選手の皆さんでサッカー談議に花咲くことも!

詳しい記事はこちら

   
■ 朝日新聞 2009年9月21日版 「週刊まちぶら」
2009/9/21発行

〜 松山市・久米かいわい 遍路ら癒やす多彩な湯 〜
松山市の久米地区は、四国霊場49番札所の浄土寺があり、お遍路さんが行き交う「湯どころ」として知られている。道後温泉の東南に位置することから「東道後温泉郷」と呼ばれ、アルカリ性単純温泉がわいている。 「久米之癒(ゆ)」は毎日通う常連客も多い。店のスローガンは「笑健楽豊」。健康で楽しく豊かな生活を送り、笑顔になってほしいという願いが込められている・・・・

詳しい記事はこちら (朝日新聞ウェブ版 asahi.comより)

   
■ 読売新聞 2009年2月5日版 「札所周辺見て歩記」
2009/2/5発行

〜 お遍路さんにも疲れを癒やしてもらえれば 〜
浄土寺近くでわき出る源泉を使用。遠赤外線効果などがある三玉石を主浴場に敷き詰め、源泉かけ流し、岩盤浴、サウナなどを備える。温泉水を三玉石のフィルターに通した三玉水も自由に飲める。泉質はアルカリ性単純温泉で神経痛などに効能があるという。

詳しい記事はこちら (読売新聞ウェブ版 YOMIURI ONLINEより)

   
■ 四国の温泉パラダイス2008 「日帰り湯・街の湯」
2007/10/25発行

〜歴史ある温泉に岩盤浴と温泉水が誕生〜
安政の大地震により49番札所「浄土寺」境内に湧き出たという歴史ある温泉。
日・月・星の3つの岩盤浴を新設したほか、愛媛で唯一の飲める温泉水「三玉水」を無料に。この水を飲み、汗をかくことで体内外から美容と健康を促進できる。

詳しい記事はこちら

   
■ じゃらん中国・四国版10月号 「四国の穴場スポット大集合」
2007/9/2発行

〜源泉100%かけ流し〜
四国にある穴場スポットを家族・恋人・友達と楽しめるスポットごとに紹介します。 穴場スポットは、全て地元旅館の若旦那がピックアップしたものだから、お出かけを満喫できること間違いナシ!
秋のお出かけ第一弾はぜひ四国へ!

詳しい記事はこちら

   
   
■ サーベイ愛媛 「20,000件のクチコミから生まれたガイドブック」
2007/4月発行

〜3つの岩盤浴で手軽にデトックスを楽しむ〜
「評価の声より」
温泉の質がよく肌がスベスベになる。地元客の利用も多い。
値段が安いのがうれしい。
営業時間が長いので利用しやすい。

詳しい記事はこちら

   
   
■ 南海放送 おかえりテレビ 「松山・砥部のお風呂新スポット」
2007/2/6放送

〜三玉石の恵みで生まれ変わった久米之癒
                     そこはまさに癒しの空間です〜

南海放送の佐伯りさアナウンサーが取材に訪れました。
実際にひのき風呂・源泉かけ流しの湯・日之岩盤浴・星之岩盤浴へご入浴いただいて、その感想がテレビで放映されました。

詳しい記事はこちら

   
   
■ 愛媛新聞 2006年12月23日版 「ちょっと拝見!」
2006/12/23発行

〜飲んでつかって味わう湯〜
江戸時代、道後温泉が止まった時にわき出たとの言い伝えが残る松山市久米地区の東道後温泉。この源泉を使った温泉施設が10月、「ユートピア温泉東道後」から名称新たにリニューアルオープンした。
浴場内では「県内で初めて」という、三玉石で源泉を浄化した飲用水も提供。心地よさに浸りながら、その場で水分を補給できる。

詳しい記事はこちら

   
   
■ 愛媛こまち 2007年1月号 「口コミで人気の日帰り温泉」
2006/12/20 発行

〜安政時代に久米に沸き出たという良質の湯が楽しめる温泉〜
ユートピア温泉東道後が装いも新たににニューあるオープン。源泉かけ流しの露天風呂や寝転び足湯など、ゆったりくつろげる5種類の温泉のほか、3つの石を組み合わせた三玉石の岩盤浴は発汗作用が高く、デトックスや体質改善に効果大。 営業時間もオールナイトでリーズナブルな料金もそのまま。

詳しい記事はこちら

   
   
■ タウン情報まつやま 2007年1月号 「これぞ温泉の愉しみ 掛け流しの温泉」
2006/12/20 発行

〜歴史ある神秘の湯を、空を見ながら堪能〜
露天風呂は源泉かけ流し。源泉が43℃なので、ほとんど加温もせず使用される。今の季節は少し冷たい風を顔に受けながら、じっくりと湯船に浸かるのが最高に心地いい。夜には星空を眺めることもできる。
また大浴場の中には手足だけを少し熱めのお湯に浸ける「日之岩盤浴」もあり、手足から全身の発汗を促してリラックスとデトックスを楽しめる。

詳しい記事はこちら

   
   
■ 愛媛新聞 2006年12月9日版 「びっくりほっこり個性派お風呂」
2006/12/9発行

〜いすに座ってポカポカ〜
「足湯」といえば、道後地区の光景が思い浮かぶほど県内では定着している感があるが、足だけでなく手も同時にポカポカな「手足浴」が登場した。今年10月、17年ぶりにリニューアルした「東道後温泉久米之癒」。愛媛では初顔、全国でも珍しいスタイルの風呂だという。その正体は、なんといす形。手と足を置く部分がそれぞれ、小さな湯船になっている。

詳しい記事はこちら

   
   
■ 愛媛こまち 2006年12月号 「ニューオープン 話題の新店ピックアップ」
2006/11/20 発行

〜5種類の温泉と3種類の岩盤浴でココロもカラダも健康に〜
ユートピア温泉東道後が装いも新たに「東道後温泉久米之癒」としてリニューアルオープン。源泉かけ流しの露天風呂や寝転び足湯など、ゆったりくつろげる5種類の温泉のほか、3つの石を組み合わせた三玉石の岩盤浴は、発汗作用が高く、デトックスや体質改善に効果大。

詳しい記事はこちら

   
   
■ タウン情報まつやま 2006年12月号 「街の新店情報 New Open Shop」
2006/11/20 発行

〜旧ユートピア温泉が3種類の岩盤浴を新設〜
施設改修と同時に岩盤浴を新たに開始した温浴施設。
「星之岩盤浴」(普通風呂入浴込みで一般1,200円)は、時間帯によってはカップル利用も可能で、サウナ室に石を張り巡らした「月之岩盤浴」と、石の椅子に着座する珍しい方式の「日之岩盤浴」は男女別に設置。

詳しい記事はこちら

   
東道後温泉 久米之癒 〒790-0924 愛媛県松山市南久米町325-1 Tel.089-970-1126(イイフロ)
Copyright(C)2007 kumenoyu. All rights reserved.